ニス製作

一般的に、マスターメイドの楽器の場合、ニスも一から調合をします。

100人の職人がいればレシピも100通り。

私も未だに時間を見つけては実験の日々でございます。

そんなニスづくりの一部をご紹介しましょう。

バイオリンに塗布されるニスには大きく2種類あります。

アルコールニスと、オイルニスです。

色々な例外を無視してざっくりと説明すると・・・

アルコールニス・・・アルコール(エタノール)に樹脂を溶かして調合。一般的に着色には染料を使う。

オイルニス・・・オイル(乾性油)と樹脂を混ぜ合わせる。紫外線を当て、乾性油の酸化重合により固化。一般的に着色には顔料を使う。

作り方ですが、アルコールニスは、アルコールに樹脂を混ぜれば完成です。レシピにもよりますが、基本的には作るのはそんなに難しくありません。 対して、オイルニスは割と面倒な工程を踏むことになります。

まず、樹脂、乾性油を熱処理します。高温で数時間~数十時間煮詰めるのです。

温度は、モノによって異なりますが、場合によっては300度近くで数時間煮詰めることもあるので、危険が伴う作業です。 その上この作業、凄まじい量の煙と臭いが出ます。のろしです。うかつにやろうものなら通報されます。 というわけで人目につかない川原などでやりましょう。 この熱処理を施すことで、ニスがより乾きやすくなり、ニスそのものの色も濃くなっていきます。

熱処理を施した樹脂と乾性油を混ぜ合わせ完成ですが、この時に重要なのが比率です。

樹脂によって適切な比率は異なりますが、ニスの乾きやすさ、質感を大きく左右するポイントになります。

私は製作ではこのオイルニスを好んで使用しています。

大樹バイオリン工房 / Liuteria Oki

東京都 多摩市 聖蹟桜ヶ丘のバイオリン工房です。 イタリア、クレモナで修業を積んでまいりました。 バイオリン・ヴィオラ・チェロの注文製作・修理・毛替え・調整・販売・レンタルなど 弦楽器に関する様々なご要望にお応えいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000