アイ交換

弓のアイ交換。

貝でできたアイは、汗や皮脂などに弱く、使っているうちに劣化してしまいます。

スライドも同様ですが、劣化が進んだ場合交換が必要になります。

基本的には似た種類の貝を埋め込むことが多いですが、種類によっては入手が困難な物もあり、場合によっては手作業で切り出して製作することもあります。

また、この機会に今までとは違った柄の貝を埋め込むという方もいらっしゃいます。


アイ交換の価格は

¥3,000~

(弓のグレード、貝の種類等により価格が異なります。)

お問い合わせはこちらからどうぞ。

大樹バイオリン工房 / Liuteria Oki

東京都 多摩市 聖蹟桜ヶ丘のバイオリン工房です。 イタリア、クレモナで修業を積んでまいりました。 バイオリン・ヴィオラ・チェロの注文製作・修理・毛替え・調整・販売・レンタルなど 弦楽器に関する様々なご要望にお応えいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000