バイオリンのネック

「演奏家が常に触っているパーツはどこだ??」

私のマエストロがネック・指板の重要性を説く時はいつもこの言葉から始まりました。

この一言だけでもネックがどれだけ重要なパーツか理解できると思います。

いかにニスが綺麗でも、いかに綺麗な渦巻きでも、ネックや指板が疎かでは音を作る道具として不十分であるということです。

指板の重要性は以前こちらでも少し触れています。

演奏スタイルが十人十色なのは言うまでもないですが、手の形、大きさ、指の長さ、すべて演奏家によって異なるものです。

その人に合ったネックに調整するだけで、奏者のパフォーマンスを引き出すことができます。

大樹バイオリン工房 / Liuteria Oki

東京都 多摩市 聖蹟桜ヶ丘のバイオリン工房です。 イタリア、クレモナで修業を積んでまいりました。 バイオリン・ヴィオラ・チェロの注文製作・修理・毛替え・調整・販売・レンタルなど 弦楽器に関する様々なご要望にお応えいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000