プロフィール

大樹バイオリン工房 / Liuteria Oki

「美しい音色」「美しいバイオリン」

そう聞いて、あなたは何を想像しますか?


「理想の楽器」に明確な答えがあるとすれば、それは、あなたの中にしかありません。

私の仕事は、奏者の「理想」を理解し、それを形にしていくことです。

2006年にクレモナへ渡ってから、製作、修理、調整、演奏を通して、たくさんの楽器と関わってきましたが、どれだけ技術を身に着けても、演奏者との会話がなければ、100%その技術を生かすことはできません。


新しく楽器を探したい。大切な楽器を直したい。より理想の音に近づけたい。

私の工房には色々な目的を持った人がいらっしゃいますが、まずは一人ひとりの声にしっかりと耳を傾け、そして、技術者としての私の考えを丁寧に説明し、納得をいただいて、初めて仕事にとりかかります。

同じ仕事は一つとしてなく、全ての仕事がオーダーメイドです。

楽器について、どんな些細な悩みでも、遠慮なくご相談ください。

あなたにとっての「理想のバイオリン」

ここできっと、出会えます。

PROFILE

藤井大樹 / Oki Fujii

弦楽器作家 / Violin Maker


4歳からバイオリンを習い始める。

2005年

高校3年生の頃。埼玉県の大久保ヴァイオリン工房にて弦楽器製作を始める。

2006年

高校卒業後イタリアへ留学。

クレモナ市の製作学校(I.P.I.A.L.L. A Stradivari)に入学。

製作をDaniele Scorali氏、Wanna Zambelli氏に、修理・修復をClaudio Amighetti氏、Alessandro Voltini氏に、弓修理をEmilio Slaviero氏に師事。

学校外でも様々な講習、研究、研修会等に参加し、製作・修理・修復について学ぶ。

2011年

I.P.I.A.L.L.卒業

卒業後、マエストロEdgar E Russ(Sound of Cremona s.r.l.) の下で製作・修理アシスタントとして働き、アンティーキングの技法、サウンドアジャスト(音調整)等を学ぶ。

2014年

日本帰国、代官山音楽院バイオリンクラフト&リペア科にて2年間主任講師として教鞭をとる。